ぱっちり二重になるための鍵を握っている蒙古ひだとは?

ぱっちり二重になるための鍵を握っている蒙古ひだとは?

ぱっちり二重で目が大きい顔立ちの女性には、華やかさを感じる人は多いのではないでしょうか?
反対に、目が小さくて目元がぼやけていると、どこかさびしげな印象だと感じることが多いでしょう。

一重や奥二重の人がぱっちりとした目になるための鍵は、蒙古ひだに隠されています。
蒙古ひだを癖付けすることで、大きく魅力的な瞳が手に入るかもしれませんよ。

蒙古ひだとは?

蒙古ひだとは、日本人などの黄色人種に多く見られる目頭の形状のことです。

西洋人の目頭を見ると、たいていの場合切れ込みが深くピンク色の粘膜が見えています。
反対に黄色人種の目頭は、鼻筋とつながっている部分の皮膚が目頭を覆って隠している場合が多く見られます。
これを蒙古ひだと呼ぶのです。

隠れている部分が多いほど目が離れて見えたり、目元が小さく見えてしまうというデメリットがあります。
蒙古ひだは個人差が大きいため、黄色人種のであっても生まれつき蒙古ひだがない人もいます。

蒙古ひだを解消するには

目頭切開のような美容整形は、目を大きく見せることが目的です。

整形手術をしなくても、アイメイクによって目頭を強調することでカバーする方法もあります。
しかし、できれば自然に蒙古ひだを解消したり、ひだで隠れてしまう部分を小さくしてノーメイクでも目を大きく見せたいですよね。

蒙古ひだを解消するためには、目の周囲の筋肉を鍛えることが効果的です。
歳をとると目が小さく離れて見えてしまう理由は、目の周囲の筋肉が衰えているからなのです。

目の周囲を鍛えるようなトレーニングを毎日の生活に取り入れれば、目をぱっちりと大きくすることができます。
それだけでなく、疲れ目を解消して充血をとったり、目の周囲の血行が良くなって、目のくまが解消されるなどのメリットがあります。

目をぱっちりさせるためのトレーニング方法

まぶたに優しく! 二重のりの正しい落とし方

疲れ目のとき、自然に目頭をつまんで引っ張る動きをしたことはありませんか?
この動きは眉間や目頭の緊張をほぐす効果が期待できます。

トレーニングの前に必ず手指を清潔にしましょう。
汚れた手指で目の周囲を触ると、炎症を起こす危険があります。

1. 目の周囲のマッサージを行って血行を促進しましょう。
目元に疲れがたまっている人やむくみやすい人は、目の周囲をマッサージするだけで目元がぱっと華やいだり目を大きくさせる効果が期待できます。
マッサージの際には、手指の摩擦を軽減するためにクリームやマッサージオイルを使用すると安心です。
目の周囲の皮膚は薄くデリケートなため、ゆっくりと丁寧にマッサージしていきましょう。

2. 人差し指、中指、薬指の三本を利用して、目のくぼみの周囲にある上下の骨の際を押していきます。
目頭から目尻方向へ向かってやさしく押さえるように押しましょう。
3周くらいが目安です。

3. 目頭を右手の親指と人差し指の二本で優しくつまみながら、蒙古ひだをひきはがすようなイメージで、ゆっくりと瞬きを行いましょう。
強くつかむと目の周辺が傷つく恐れがあるため、力加減に注意することが大切です。

目の周囲の筋肉をほぐすことは、目の周囲に溜まった老廃物の排出を促したり、目頭の形状を癖付けして蒙古ひだの割合を小さくすることに繋がります。
ぱっちりとした大きな目は魅力的ですよね。

一重や奥二重の人がぱっちりとした目になるための鍵は、蒙古ひだに隠されています。
目の周囲をマッサージすれば目頭の形状に影響してぱっちり二重になれるかもしれませんよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

美神コラム