まつげも日焼けする!? 紫外線が与える影響と予防ケア方法

まつげも日焼けする!? 紫外線が与える影響と予防ケア方法

紫外線は肌の老化を招くことで知られていますが、実はまつげにも深刻なダメージを与えるってご存知でしたか?
紫外線を浴び続けていると、美しいまつげを維持できなくなる恐れがあるのです。
今回は紫外線がまつげに及ぼす影響を、予防のためのケア方法と一緒に見ていきましょう。



紫外線を浴びると、まつげはどうなるの?

まつげがビューラーで上がらないときの対策方法<

ツヤやコシがなくなる

まつげの表面には、髪の毛と同じようにキューティクルがうろこのように並んでいます。
実は紫外線は、このキューティクルに大きなダメージを与えます。紫外線を浴びるとキューティクル同士の結びつきが弱くなり、剥がれやすくなるのです。
キューティクルがボロボロになるとまつげのツヤが低下し、コシもなくなってしまいます。

細毛や切れ毛を招く

そもそもキューティクルは、髪の内部の水分や栄養分を守る保護膜のような存在です。
しかしキューティクルが紫外線の影響で剥がれると、水分や栄養分が漏れ出て、乾燥しやすくなります。
乾燥したまつげは細くてもろい状態になりますから、切れ毛などのトラブルを招いてしまいます。

まつげの紫外線対策方法

サングラスをかける

まつげの紫外線対策には、サングラスが効果的です。もともとサングラスは目を守るための器具ですが、それと同時にまつげや目元の皮膚もしっかり守ってくれます。
ただし、サングラスの中には紫外線をカットできない製品もあるので要注意。
必ずUVカットレンズを用いたサングラスを用意しましょう。

つばの大きい帽子をかぶる

つばの大きい帽子は目元を紫外線から守ってくれるため、まつげの紫外線対策にもつながります。
ただし、帽子だと地上から跳ね返ってくる紫外線までは遮断できません。できれば帽子とサングラスの併用をおすすめします。
サングラスだけだと隙間から紫外線が入ることがありますが、つばの大きい帽子をかぶっていれば安心です。

UVカット効果のあるマスカラを使う

近年では、UVカット効果のあるマスカラも市販されています。メイクをしながらUVケアできるなんて、うれしいですよね。
クリアマスカラや下地などでまつげをコーティングしておくだけでも、紫外線ダメージを軽減することができます。

まつげサプリで栄養を与える

まつげ自体が栄養不足でもろくなっていると、紫外線ダメージを受けやすい状態になってしまいます。
ビタミンやミネラルなど、まつげの成長を促す栄養をサプリで補って、強いまつげに育てておきましょう。
普段からまつげに栄養を補給しておけば、うっかり日焼けによるダメージも最小限に抑えることができますよ。

目元まで日焼け止めを塗る

目の周りの皮膚が日焼けすると、炎症が起きてまつげにも悪影響を与える恐れがあります。
美しい目元を維持するために、まぶたや目尻にもきちんと日焼け止めを塗るようにしましょう。
目の周りの皮膚はとても薄くてデリケートなので、指先を使ってやさしく丁寧に塗り込むことがポイントです。

「まつげが切れやすい」「人よりもまつげが短い」などのお悩みは、もしかしたら紫外線ダメージが原因かもしれません。
今からでも遅くはありませんから、まつげにも十分なUVケアを心がけてくださいね。

美神コラム