まつげが細くなった原因は? 太いまつげを取り戻すケア方法

まつげが細くなった原因は? 太いまつげを取り戻すケア方法

「最近、目元の印象が弱くなった」「アイメイクをしても目が小さく見える」などの悩みを抱えていませんか?
それらの悩みは、まつげが細くなったことが原因かもしれません。
まつげが細くなると目力が弱くなり、顔全体の印象まで薄くなってしまうことがあります。
では、どのような原因でまつげが細くなってしまうのか、太く健康的なまつげを取り戻すケア方法とあわせて探ってみましょう。

まつげが細くなった原因とは<

アイメイクやクレンジングによる負担

「毎日ビューラーでまつげをカールさせ、マスカラを塗る」「アイライナーをまつげの際に引く」「クレンジング剤をつけて目元をゴシゴシこする」。
そのようなアイメイクやクレンジングが、まつげを細くする要因になります。摩擦や刺激によってまつげが痛み、ハリやコシ、太さが失われてしまうのです。
また、毛根に負担をかけるため、まつげの成長が滞る原因にもなります。

血行不良や栄養不足

まつげの成長には、目元の血行が深く関わっています。
目元の血行が悪くなると、まつげの成長に必要な栄養が行き届かず、細くなる原因になってしまうのです。
スマホやPCを見る時間が長い人は、目元の筋肉が固まって血行が悪くなりやすいので注意が必要です。
また、過度のダイエットや偏った食生活を続けている人も、栄養不足によってまつげが細くなることがあります。

細くなったまつげを太くするには

ビューラーのゴムを定期的に替える

ビューラーのゴムが劣化していると、まつげを上手くカールできません。
結果的に挟んだり引っ張ったりする回数が増えて、まつげに負担を与えてしまいます。
キレイなカールを作るためだけでなく、まつげを傷めないためにも、ビューラーのゴムは新しいものにこまめに替えましょう。

アイメイクは専用のリムーバーで落とす

顔用のクレンジング剤でマスカラやアイライナーを落とそうとすると、落ちが悪いためにどうしてもこすりがちになります。
目元への摩擦を減らすためには、アイメイクを短時間で落とせる専用のリムーバーを使うことが大切です。
リムーバーを染み込ませたコットンを目元に少し置き、メイクが柔らかくなったら、撫でるように優しく落としましょう。
細かい部分のクレンジングには、リムーバーを含ませた綿棒を使うと効果的です。

目元のツボを押して血行を促す

目元の血行改善には、ツボ押しがおすすめです。
目頭や目尻、眉の下などを、指先で押して血行を促しましょう。
目元の皮膚はデリケートですから、気持ちいいと思える程度に優しくプッシュすることがポイントです。
爪が長くて押しにくい場合は、指の第二関節や綿棒を使ってみてくださいね。

まつげの成長に良い栄養素を摂取する

まつげを太くするためには、まつげの成長に必要な栄養を補うことも大切です。
新陳代謝を活発にさせる亜鉛、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、などが含まれているものを積極的に食べるようにしましょう。
食事から補いきれない場合は、これらの栄養が配合されたまつげサプリがおすすめです。サプリを利用すれば、目元の皮膚が弱い人でも簡単にまつげケアができますよ。

細くなったまつげを太くするには

今回はまつげが細くなる原因と対策方法をご紹介しました。まつげには、ホコリなどの異物から目元を守る役割もあります。
ぱっちりした目元の印象を保つためだけでなく、目の健康を守るためにも、早めのまつげケアを心がけたいですね。

美神コラム