目の問題だけじゃない! ドライアイを引き起こす原因4つ

目の問題だけじゃない! ドライアイを引き起こす原因4つ

目のかゆみや突然出てくる涙など、ドライアイの症状は不快なものです。

かゆいからと目をこすればメイクがヨレるし、涙が出ればメイクが落ちてしまうため、アイメイクもままならないですよね。
どうすればドライアイを改善できるのでしょうか?

今回はドライアイになる原因と対処法についてご説明します。



ドライアイを引き起こす4つの原因と対処法

目の問題だけじゃない! ドライアイを引き起こす原因4つ

ドライアイは目に起こる症状ですが、原因となるのは目だけではありません。
体全体の不調が原因となっている場合も多いのです。
ドライアイを引き起こす主な原因には以下のようなものがあります。

①血行不良
体の冷え、コリ、疲れ、緊張などによって体内の血流が滞る「血行不良」の状態はドライアイを引き起こす原因の一つ。
血流が悪くなると血液に乗って運ばれる栄養が行き届かなくなり、目の新陳代謝が滞ることでドライアイになりやすくなります。
「運動不足を解消する」「入浴でしっかり体を温める」「睡眠不足を解消する」「血流が良くなるよう野菜中心の食事をする」などといったことを心がけ、血行不良を解消することがドライアイの予防・改善につながります。

②頚椎の歪み
スマホばかり見ていたり、長時間のデスクワークで姿勢が悪い状態を続けたりすると、首の骨(頸椎)が歪んでしまいます。

頸椎には脊髄が通っていて、ここに目に血液を流している血管がつながっています。
頸椎が歪んで血管が圧迫されれば目に新鮮な血液が流れなくなり、ドライアイを引き起こしてしまいます。
常に姿勢を正し、休み時間などに首を回したり左右に倒したりして軽くストレッチをしましょう。

③合わない目薬
ドライアイが気になって目薬を使っている方もいると思います。
でも、ドライアイは目の表面を涙で洗い流す力が弱くなっている状態。市販の目薬を頻繁に使うと、目薬に含まれる防腐剤が目に残って症状が悪化することがあります。

どうしても目薬が欠かせないという方は、防腐剤を使っていない人工涙液タイプの点眼液を使いましょう。
それでも改善しない場合は一度眼科を受診してあなたの目に合った点眼液を処方してもらいましょう。

④ストレス
人は誰でもストレスがあり、それを上手に解消し、身も心もリセットして翌日また元気に活動します。
しかし、このストレスを上手に解消できずに溜め込むと、そのストレスが全身の血流を悪化させます。
疲れやストレスを感じると目がかすむこのは血流悪化によって目の血流も低下しているからです。

疲れが取れない、ストレスが限界に達していると感じたら、リラックスできる時間を設けて体を休めましょう。
また、時には悲しいドラマなどを見て涙を流して目の湿度を保ち、目の汚れを洗い流すことも大切です

ドライアイになる原因を取り除こう

ドライアイになる原因と予防方法をいくつかご紹介しましたが、あなた自身に当てはまるものは合ったでしょうか?
自分のドライアイは何が原因で起きているのかを探って、原因に合わせて予防や対処することがとても大切です。

思い当たるところがあれば、早速そこを正すように心がけてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

美神コラム